kyupics‎ > ‎

読解、1-2級、1997年度問題3問3

最近、果物の消費が伸びていません。そこで、果物の年間購入金額を調べてみました。一人当たりの購入が最も多いのは世帯主が65歳以上の家庭で、最も少な いのは世帯主が24歳以下の家庭でした。金額にすると、前者は23,494円、後者は 5,036円と、約4.7倍も差が開いています。

果物の「敵」は、お菓子だとよく言われています。やはり、菓子類でも購入金額が最も多いのは世帯主が65歳以上で29,117円、少ないのは24歳以下で 20,199円となっています。ところが、果物と菓子類とでは、やや違った傾向が見られます。いずれの年齢の世帯主の家庭でも、果物より菓子類の購入金額 の方が多いのですがい年齢が上になるほど、この差は小さくなっていきます。これは、果物の購入を伸ばすためには、若い家庭に対する宣伝がもっと必要だとい うことでしょう。

次のグラフの中から説明に合っているものを選びなさい。
1) 1
2) 2
3) 3
4) 4

Hãy chọn đáp án đúng cho bạn và quay lại Tenkana để tiếp tục.
Comments